400年間、米子の商業を支えてきた法勝寺町商店街。
「明るくて元気なまち法勝寺町・陽のあたるまち法勝寺町」として生まれ変わりました。

●エリア別にぎわいアクセスマップ



より大きな地図で 駐車場 だんだんバス位置図 を表示

●法勝寺ってどんな町!?


江戸時代から、米子城下の十八町の1つとして発展してきた法勝寺町。
町禄として、唐津物・古物商が許され、現在も陶器や呉服の老舗が多いのが特徴です。
明治35年に国鉄米子駅が開設されたのを機に賑わいを増し、当時は、「増屋の角」と呼ばれ、米子で一番の繁栄を極めた場所でした。
戦後、露天商による闇市が開かれ、昭和26年には全国初の「土曜市」を開催。
昭和32年にはアーケード建設し、さらに昭和47年にアーケード整備を施し、米子第一の商店街として40年弱の時間を経て現在に至ります。
また、このエリアは、周辺に市役所や公共公益施設が多く立地する他、小路や白壁土蔵などの地域資源も多く、他の商店街と比べ商店街で暮らす人も比較的多いことから、商店街であると同時に人の営みを感じさせる独特の風情を合わせ持っています。
平成21年度には、老朽化の著しいアーケードを撤去し、「明るくて元気なまち法勝寺町・陽のあたるまち法勝寺町」として生まれ変わりました。平成23年3月には「ほっしょうじ通り」工事も終了。七福神やベンチも通りに置いてあり、来町者や住む人にやさしいまちづくりを行っています。

●まちなかのご案内

●開店した施設

■善五郎蔵
築120年の三連蔵を、ショップ&ギャラリーとしてリニューアル。こだわりの飲食店や日替わりカフェ、眼鏡専門
店等々に多目的ギャラリーを併設。平成22年1月にオープンしました。法勝寺町エリアの中心施設となっています。

▲閉じる

●善五郎蔵:ビリケン食堂

店主:平野美智子さん

■日替わりオーナーの店「ビリケン食堂」がオープンしてもうすぐ1年を迎えますが?
 大っぴらに募集をしてきたわけでもないのに、テナントさんやお客様・・・、こんなにたくさんの方に利用していただけるとは想ってもみなかった。びっくりしています。

 善五郎蔵を訪れた人が、「ビリケン食堂」を見て、借りたい!とおっしゃって下さった方もおられるし、一度「ビリケン食堂」を借りた方のクチコミで次のテナントさんが・・・というのもありました。
 
また、意外にも、たくさんの近所の方々がおそばやおにぎりを食べに来てくださったことや、「ビリケン食堂」から有名になったテナントさんがおられたのはうれしかったです。

■問題点は何かありますか?
 時々、自分達が直営で出店することもあり、店や厨房の狭さを感じることもありますが、出店される皆さんが、もともとこの店ありきで出店されるので、各々がこの狭さを工夫されている姿に感心します。

■一番の思い出は?
 ナターシャさんやジャックさんが出店された時、まさか外人さんが出店してくれるなんて・・・と大変驚きました。
 善五郎蔵の他のテナントさんも、皆が「ビリケン食堂」を応援してくださるのも励みになります。

■この春には、法勝寺町商店街がいよいよ生まれ変わりますが?
 すごく楽しみです。
 特に、今年の大雪で、商店街の雪かきをしていたら、たくさんの方から声をかけていただき、アーケードがあった今まではあまり感じ得なかった事を得たような気がします。
 
■今年の抱負をお願いします。
今までは、毎日、テナントさんが埋まらなくてもいいかな・・・と思っていましたが、お客様から、「毎回楽しみにしていますよ!」と声をかけられると、少しでも多くのテナントさんに利用してもらい、できるだけお店を開けている日を増やしたいですね。
 
【ビリケン食堂 出店者募集中!】
今日は本格的な手打ちそば屋、明日は天然酵母を使用した手作りパン&カフェ、あさっては???
「ビリケン食堂」は、毎日、毎日、日替わりで店主や営業メニューが替わる新しいスタイルの飲食店です。

・新しくお店を出す前に、お客さんの反応をみてみたい・・・
・週1回くらいなら、自慢の料理を出してみたい・・・
・友達と一緒にスイーツをつくり、販売してみたい・・・

出店スタイルはさまざま。あなたの自由です。
厨房機器、IHヒーター、食器類、冷暖房など完備。
メニューに合ったお気に入りの食器を使うのも自由です。

2階の多目的ギャラリー(別料金)とセットで借りて、仲間だけの手作りパーティなんかいかがですか。
まずはご相談下さい。

■賃 料 1日 2,500円/光熱費込み
■連絡先 店主 平野みちこ 080-1933-7862
■面 積 約17㎡(カウンター8席程度)
■その他 2階の多目的ギャラリーとセットで貸し切りもできます

▲閉じる

●善五郎蔵:ビリケン食堂/cafe Latte

店主:村側恵子さん・鳥羽真砂美さん

とってもナチュラルで素敵な女子2人組の cafe Late さんです。

がらがら・・・と、善五郎蔵:ビリケン食堂の扉を開けたとたんに聞こえてくるBGM。
いつものそば屋さんでもない、おにぎり屋さんでもない・・・

カウンターの向こうには、“大きくてピカピカの存在感のあるエスプレッソマシン”と、とってもナチュナルで素敵な女子2名が、不思議で緩やかな雰囲気を醸しだしている。
リズムのあるBGMや若い女性がいるだけで、こんなにもお店の雰囲気って変わるものなのか・・・と思いました。

メニューは、本格的なエスプレッソ、カプチーノ、カフェラテと手作りスウィーツやクッキー。


出店のきかっけは、会社の人から「日替わりオーナーカフェ」があることを聞いたこと。

ただ、いままでのこういう系のお店は出店料が高かったり・・・不安もありました。
そこで1度、ビリケン食堂を見に来たら、店の雰囲気とか出店のシステムとかも気にいって「もしかして、これやったらできるかな・・・」と思ったし、ビリケン食堂店主の平野さんもほんとによくしてくれたので、「一度やってみよう・・・」と決心しました。

出店できるお店を探していた訳ではないですが、「いつかはお店をやってみたいな・・・」と思っていたので、このような形で体験できるのはうれしい。

2人とも、学生時代にカフェの勉強をしたものの、今は別々の仕事を持っています。
cafe Late出店は、将来を考えるいい機会となり、一歩踏み出せた気がします。

今後は、不定期ですが、cafe Lateをできるだけがんばってみたいです。

▲閉じる

●DARAZ FM

地域コミュニティ放送局 DARAZ FM
米子市のコミュニティFM放送局です。地元の様々な情報を発信しています。中海圏域25万人の地域交流の要となる放送局「文化」「産業」「セーフティネット」がキーワードです。
①文化を生み出す放送局
■表現活動をサポートしていく 
音楽・芸術・芸能・スポーツ他、さまざまな文化活動・表現活動をサポートしていくことで、まちを、地域を元気にしていきます!
■NPO、ボランティア活動をサポートしていく
番組編成を喜八プロジェクトが行う「DARAZ FM」は、地域メディアとして地域で頑張るNPOやボランティア団体をサポートしていきます。また、これらの活動を知ることで、自分の暮らすまちを見つめなおすきっかけとなることも目的です。
②産業を活性化する放送局
■産業育成型メディアとなる
もっともちいさな「マスメディア」として新たな存在意義を見出し、既存メディアに情報を橋渡ししていく新しいメディアとなっていきます!
■商業活動を活性化する
米子の経済圏に向けて発信する媒体として、小さな企業・商店でも効率的に広告を活用できることから商業活動を活性化していきます!
③セーフティネットとしての放送局
■災害時などに頼れる地域情報ツールとしての役割を果たす
コミュニティ放送の情報発信エリア・番組編成の柔軟性を活かし、いざ、災害などが発生したときに本当に地域に必要な情報を発信していきます!(停電・断水・生活情報などの地区情報も、地域の人からの情報も交えて発信)防災無線の補完的な役割も果たしながら地域の安全を守っていきます!
■地域の中での困りごとをみんなで解決していく
「うちのおじいいさんの姿が見えなくなりました。一緒に探して下さい」「いまこんなことで困っています。いい知恵を教えて下さい」など、地域の中での困りごとを地域の人々に広く呼びかけ、みんなで解決していくことを実現できる情報メディア、それがコミュニティ放送です。

株式会社DARAZコミュニティ放送
〒683-0063 鳥取県米子市法勝寺町70番地
TEL 0859-34-3386 FAX 0859-34-3384
E-mail:tomikan@darazfm.com
http://www.darazfm.com
これからプログラムの紹介を適時おこなっていきます。

▲閉じる

●DARAZ FM 番組紹介 Vol.1 にこにこマミーズ 笑

市民参加型番組紹介コーナー
Vol.1 にこにこマミーズ 笑
Q1.出演者は?
中村幸恵(なかむらゆきえ)
宮村めぐみ(みやむらめぐみ)
土山博子(つっちー)
Q2.どんな番組ですか?
「NPO法人えがおサポートLeaf&CHUCHU」がお届けする“母による母のための子育てバラエティ”です。3人の母がしゃべりまくる「マミーズ井戸端笑(SHOW)」、青春の日々を振り返る「バック・トゥ・ザ・メモリーズ」など、地域の子育て情報もちりばめて盛りだくさんでお送りしています。
Q3.始めたきっかけは?
私たち「えがおサポート」は、子育て支援や次世代育成支援活動を展開しています。『母が笑顔になれば子どもも笑顔になる!』そんな思いを米子のお母さんたちにお伝えしたい!と思い、気が付いたらDARAZ FMの門をたたいていました・・・。
Q4.リスナーさんへ一言
私たち3人の普段の会話をそのまま電波へ乗っけています(笑)しゃべりすぎでゴメンなさいm( )m お母さんはもちろん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、皆さんで楽しんでもらえればうれしいです。メッセージお持ちしています。

▲閉じる

●ヨナゴフィルム

米子市の中心市街地に文化の発信拠点をと、法勝寺町の商店街内空き店舗を活用した施設「ヨナゴフィルム」が2月11日、オープンしました。ヨナゴフィルムは、ガイナックスが参加する米子市中心市街地活性化プロジェクトとして「米子をポップカルチャーの先端の街に」を目指して開設されました。商店街周辺で平成23年9月23日~25日に開催される「米子映画事変」の準備拠点や実写撮影スタジオとして利用されます。

▲閉じる


エリア別空き店舗情報
空き店舗情報一覧はコチラ >>

貸店舗 23

【エリア】法勝寺

【面積】84.1㎡/25坪(店舗部分)

【家賃】応相談

貸店舗 22

【エリア】法勝寺

【面積】82㎡/25坪

【家賃】家賃・管理費・共益費・敷金・礼金・保証金/応相談


米子市中心市街地活性化協議会 米子市ホームページ DARAZ FM 夢蔵プロジェクト あおかえるのつぶやき DARAZ CREATE BOX まちの元気ビル スカイ米子 四日市プロジェクト 週刊カミナリ 米子映画事変